睡眠ダイエットを効果的にする方法やポイントを見ていきましょう。
①睡眠時間は最低7時間
「睡眠ダイエット」成功の秘訣は、眠気を感じたら布団に入り、深く眠ることが大事です。
もし、就寝時間が3時間~4時間しか取れなかった場合、深い眠りを意味するノンレム睡眠の回数が減ってしまい、成長ホルモンが活発にならないため痩せるチャンスを逃してしまいます。
そのため、生体バランスに狂いが生じる可能性もあります。
②そもそも質の良い眠りとは
ある程度連続した時間眠る事と「浅い眠り」「深い眠り」が規則的に繰り返されてる事をいいます。
浅い眠りを意味するレム睡眠の間は脳が活動していて、脳内では情報整理が行われています。
深い眠り(ノンレム睡眠)の間は成長ホルモンが分泌されて体の修復が行われています。
浅い眠りと深い眠りが交互にやってくるリズムが整った状態が、質の良い睡眠です。
③良質な睡眠の鍵を握る寝床内気候
快適に眠るために絶対欠かせないのが寝床内気候です。
寝床内気候とは、簡単に言うと布団内の温度や湿度の事で、人が最も快適とされる環境は・・・
温度・・・約33℃
湿度・・・約55%です。
④お風呂で体を温める
就寝前の入浴は、よく眠るための体温リズムを整えてくれ睡眠ダイエットの効果を高めてくれます。
入浴する時間は就寝1時間前が理想的です。