スマホやパソコンから出るブルーライトはシミの原因となります。

ブルーライトは紫外線に近い波長となり、ブルーライトを浴びるということは紫外線を浴びるのと同じことと言えます。

そうとは知らずにスマホやパソコンを長時間毎日使い続けていればシミや乾燥、肌の酸化、色素沈着といったトラブルの原因になります。

とは言え、パソコンやスマホは毎日の生活の必需品となります。

そこで、パソコンやスマホから出るブルーライトを減らす方法によって、肌へのリスクを抑制できます。

ブルーライトをカットする機能を持つ保護フィルムを貼ることでブルーライトを軽減できますし、ディスプレイの明るさを下げることもブルーライト削減効果が期待できます。ブルーライトの削減アプリもあるので活用するのも有効です。

パソコンを使用する機会が多い場合はブルーライトをカットするメガネを使うのもおススメです。

ブルーライトには脳を興奮させる働きがあるので、寝る直前までスマホやパソコンをいじると脳が興奮した状態になるので睡眠の質が下がり、肌のターンオーバーを乱し、肌荒れの原因となります。

パソコンやスマホからでるブルーライトを減らす方法を取り入れることでブルーライトによる肌の影響を少なくし、肌の調子を良い状態でキープできます。