もうすぐ年末。忘年会やクリスマスパーティー、そしてお正月…と、お酒を飲む機会がどっと増えますね。美味しく食べて飲んで、そのままベッドへ直行すると、朝起きてびっくり!顔のむくみがすごくて、パンパン!なんて経験はありませんか?からだのむくみもいやですが、顔は隠すことができない場所なだけに気分もブルーになりますよね。そんな嫌なむくみの解消方法を提案いたします。まずは、飲んで帰ってきた日に元気があれば、寝る前にお風呂に使って血行を良くし、むくみを予防しましょう。マッサージなどをすると効果的ですが、やり方がわからない人は左の脇をぐりぐりと、イタ気持ちいいくらいの強さで押してください。リンパが流れやすくなり、むくみ予防が期待できます。朝起きて、顔がむくんでいたときには、ホットタオルで顔や首を温めてみてください。むくみは血行不良が原因なので、温めることはとても効果的なんです。この時も左の脇をぐりぐりするのはおすすめです。時間がある人は、ホットタオルと冷たいタオルを交互に顔に当てて、より血流を促してあげましょう。これだけでも、かなりむくみは解消されると思いますか、解消方法でなく目の錯覚を使って むくみを目立たなくするのも効果的。メイクの時にシェーディングやハイライトを入れ、小顔に見えるようにしたら、髪型で輪郭をカバーしちゃいましょう。嫌な顔のむくみで1日ブルーになるのはもったいない!簡単なことなので、是非試してみてくださいね。

“”