ダイエットを志す時には、「食事制限」そして「運動」を二つの柱として考える方が多いと思います。
食事については、いつも食べているものを見直したり、ある特定のダイエット食品を使うなどの場合がありますが、何しろ必ず毎日行っている「食べる」という行為ですから、意識的に取り組むことができ、工夫しやすい分野とも言えます。
一方で運動については、早々に挫折してしまう人が多いのではないでしょうか。
今まで運動をほとんどしてこなかった人が、ダイエットを機にいきなり始めたとしても、よっぽどのモチベーションがなければ続けていくのはとても難しいものです。
そこをあえて、自分に喝を入れる意味で高いスポーツジムに入会したりする荒療治もありますが、たいていの場合は自宅周辺をウォーキングやジョギングすることから始める人が大半でしょう。
これも、「今日は天候が良くないから」「今日は仕事優先で片づけなきゃいけないから」と、様々な理由をつけてさぼりがちです。
減量や体型の変化など、変化も見えにくいのでなおさらですね。
これを避けるためには、自分の生活にきっちり「運動する時間」を組み込んでしまうのが効果的です。
朝の通勤を徒歩にする、そのためには絶対に6時に起床しなければならない!となったら、それ以外の選択肢はなくし、「6時15分まで寝ていよう…」という事が起こらないよう、2重3重に目覚ましをかけて家族にも宣言します。
時間的に無理なくダイエット運動をするなら、ただ運動するだけの時間ではなく、「買い物を自転車で」「通勤を徒歩で」という風に、ある種のながら運動とするのが続けやすいです。
スリムになりたくても何かと運動をやめてしまいがちの方は、一念発起してこの機会に、ダイエット運動を継続させてみませんか?

“”