豆乳は大豆をすりつぶしてから、水を加えて煮つめて作られたドリンクです。
豆乳は高タンパクで低カロリーな大豆を使った飲料として人気があり、たくさんの健康効果が報告されています。
栄養成分の一つである大豆タンパクにはコレステロールを低下させる作用があり、ダイエットに効果があると言われています。
また、よく知られている大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で、更年期障害の症状を緩和させる作用があります。
大豆イソフラボンは体内に取り込まれると女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするだけでなく、骨粗しょう症や動脈硬化などの生活習慣病も予防します。
健康に良い豆乳ですが、飲み過ぎには注意が必要です。
大きな健康被害は報告されていませんが、200ml程度の紙パックであれば一日に多くても3本以内に抑える事が推奨されています。
豆乳の青臭さが苦手な人は、色々な味付けのものを飲んだり料理に使うと同じように大豆の栄養を摂取する事が出来ます。
料理に豆乳を使うのであれば、鍋物やシチューなどがおすすめです。
また、スイーツを作る際に牛乳の代わりに豆乳を使う事も出来ます。
実際に豆乳を使ったクッキーやドーナツやアイスクリームも売られています。

“”