手の甲には、皮脂腺が殆どないので放っておくと乾燥が進行します。
肌の水分や油分が失われる上に、肌のバリア機能も弱まるので、手がガサガサしたり肌荒れで悩まされやすくなります。
さらに、年齢を重ねるにつれて肌の機能が低下していくので、肌の水分や油分を保てなくなるので手がガサガサしやすくなります。
なので、手は年齢が出るボディパーツとなるので、手のケア方法で簡単に行えるのはハンドケアとなります。
ハンドケアは、1日数回ハンドクリームを塗るだけで手をケアできますが、闇雲に塗っても手の乾燥を防ぐことができないので、自分の手に合ったハンドクリームを選ぶのがポイントとなります。
また、ハンドクリームにはビタミン系やシアバターといった保湿成分を含むハンドクリームがありますが、加齢によって保水力が低下するので手のガサガサを改善する目的であれば、保湿力が高いハンドクリームを選ぶのが無難です。
他にも、ハンドクリームには尿素が配合されていることもあるので、角質を柔らかくして新陳代謝を促せます。
そのため、ツルツルの肌に変化できますが尿素配合のハンドクリームは、肌への刺激が強いので肌が弱い人であれば、保湿力が高いハンドクリームを使うのが肌荒れに悩まされずに手のケアを行える方法になります。
尿素が使われているハンドクリームは、角質がごわついている部分にピンポイントで使うのが安全となります。
けれども、年齢が出やすいボディパーツとなる手のバリア機能を高めるのであれば、保湿力が高いハンドクリームがお勧めです